学校保健師 求人

学校保健師の求人探しは転職エージェントで!

学校保健師の求人は、残念ながら、あまり見かける事がありません。学校保健師の求人は、もともとそれほど多くなく、各学校に1名程度しか配置されていないなど、基本的に採用される人数があまり多くない事がその要因となっているようです。また、業務内容がそれほどハードなものではない事もあり、欠員が出にくいといった面も、求人数の少なさに影響を与えていると言えるようです。

この学校保健師の求人は、たいてい転職エージェントなどで扱われており、一般求人サイトなどで目にする事はほとんどありません。それだけ保健師としての知識や経験を要する場合が多い事を物語っており、ある程度のキャリアを積んだ人が多く登録されている転職エージェントに求人の依頼が来る事が多いのです。また、業務内容はいずれの場合も大きな違いはなく、学生や生徒などの健康管理および安全管理などをメインとして、さらに教職員に対しても健康管理および健康増進や健康維持のための業務を行っています。

学校保健師のこうした業務内容を見ていると、養護教諭と同じように思われる事もあるのですが、養護教諭の場合には常に校内の保健室にいる事が多く、業務内容も若干異なっているようです。また、資格や能力と言う点から見ても、養護教諭の場合には教育学部で学んできたと言う場合が多く、看護師資格を持たない人も数多く存在しています。しかし学校保健師の場合には、看護師資格の取得を経て保健師資格を取得している事から、その能力の高さは実証されているのです。

さらに、扱いや身分という意味でも、違いが存在しています。養護教諭として学校に配置されている場合には、多くの場合公務員として扱われているのですが、大学などに配置されている学校保健師ともなると、必ず公務員というわけではありません。民間企業としての学校の中に配置される保健師という位置づけですので、ある意味、産業保健師とも通じる部分がないとも言えないのです。

こうした学校保健師の募集は、非常に人気があり、募集が公開されると応募者があっという間に殺到し、収拾がつかなくなるという可能性が高く、業務にも支障があるため、転職エージェントの非公開求人として扱われる事になるのです。そのため、一般求人サイトなどで見かける事がないのです。転職エージェントを利用して学校保健師を目指せば、高待遇はもちろん、有利に就職するためのコツを伝授してもらえますので、無駄がないのです。

⇒⇒ TOPページで学校保健師の求人に強い転職エージェントをCheck!!


学校保健師のお役立ちコンテンツ

<学校保健師の仕事>

学校保健師の仕事について

保健室の先生

養護教諭2種

<学校保健師の年収>

学校保健師の年収


▲ページの上へ
Copyright (C) 2011-2017 保健師求人ランキング <保健師の総合求人情報サイト> All Rights Reserved.