行政保健師 求人

行政保健師の求人をお探しの方はコチラをご参考に!

行政保健師の求人は、一般の求人サイトなどで見かける事はありません。行政保健師は、その名称からもわかるように「行政職員」として勤務しますので、扱いは公務員という事になります。公務員の求人は、一般求人サイトなどでは行われません。各自治体の発行する広報誌、役所の掲示板、または自治体のホームページ上で募集が行われるなどしており、その募集時期は毎年ほぼ一定となっています。

他にも、産休など休職する職員の代替えとしてアルバイトや臨時職員の募集が行われる事もありますが、これもやはり広報誌や役所の掲示板、そしてホームページなどで公開し、募集を行うなどしています。これらは正規職員ではありませんが、それでも勤務期間中は公務員とほぼ同様の扱いを受ける事ができるようになっていますので、安定を手に入れる事が可能となります。こうした理由からか、行政保健師は、保健師の中でも最も人気があり、また、その人数も最も多いと言われています。

行政保健師の主な勤務先は、保健所や保険センターとなっており、地域住民の健康維持に深くかかわる業務を行っています。他の、産業保健師や学校保健師などとは異なり、非常に広い範囲を対象としているため、業務も豊富で複雑になりがちです。また、行政保健師の業務はこのように複雑で多様化しているため、すべての業務に携わり、多くの経験をするといった事は難しいという面もあるようです。そのため行政保健師をしている人の中には「もっと住民と関わる仕事がしたい」と訴える人もいると言います。しかし最前線で活躍しているのは決まった人ばかりという現状があり、配置換えを希望する人もいるようです。

こうした現状がありながら、それでも毎年決まった時期には行政保健師の求人が公開され、1名あるいは2名といったごくわずかな人数が採用されています。正規職員として行政保健師を目指す場合には、自治体ごとの求人情報を確認するという方法しかありませんが、臨時職員やアルバイトなどの場合には、転職エージェントを通じて応募する事が出来る場合もあるようです。

転職エージェントを利用しての応募なら、コンサルタントのアドバイスを受ける事ができますので、非常に有利になると言えます。アルバイトや臨時職員としてでも、行政保健師の経験をしておけば、正規職員の募集に応募する際にも若干有利になる可能性もありますので、本当に行政保健師を目指すのであれば、そういった経験も積極的にしておくと良いのかもしれません。

⇒⇒ TOPページで行政保健師の求人に強い転職エージェントをCheck!!


行政保健師のお役立ちコンテンツ

<行政保健師の仕事>

行政保健師の仕事

地域住民サービス

地域包括支援センター

看護予防・ケアマネジメント

感染症対策・難病対策

乳幼児健診・母子保健

特定健康診査・特定保健指導

都道府県・市町村

保健所

<行政保健師の年収>

行政保健師の年収


▲ページの上へ
Copyright (C) 2011-2017 保健師求人ランキング <保健師の総合求人情報サイト> All Rights Reserved.