保健センター 求人

保健センターの求人について

保健センターでの保健師の求人は、さまざまな形で行われているようです。例えば行政の管轄下に置かれている保健センターでの求人は、正規職員の場合には広報誌や自治体ホームページなどで行われており、臨時職員やアルバイト、そして派遣などの場合には転職エージェントや一般求人サイトなどでも行われています。

業務内容としては、母子保健や成人保険、そして地域保健などといった領域での活動が主となっており、地域住民の健康増進のためにさまざまなサービスを提供するなどしています。具体的には、乳幼児の健康診断や育児に関する相談、新生児の訪問や母親教室など、そして予防接種や健康相談、各種検診、精神保健など、あらゆる健康に関する業務を日々こなしているのです。

よく、保健師の対応が良くない・嫌味を言われた、などという声を聞く事がありますが、多くの保健師は公務員であり、人権に対する研修も行われていますので、絶対にないとは言い切れませんが、そういった事はあまり多くないと言えます。また、住民からすれば担当保健師は一人なのですが、保健師からすれば担当している住民は何十人・何百人といるのかもしれません。忙しいという事を言い訳にするのはお勧めできませんが、なかなか全員に手が回らないというのも現状のようです。こうした行き違いやすれ違いを防止するためにも、保健師のコミュニケーション能力は非常に重要であり、住民の話を聞くという役割も忘れてはならないのかもしれません。

このように、いろいろなストレスを受ける事もある仕事となりますが、保健センターの保健師を目指す人は、転職エージェントなどでアドバイスを受け、参考にすると良いかもしれません。また、正規職員として保健センターの保健師を目指すと言う人の場合にも、保健師の転職・就職と言う意味では、転職エージェントなどに登録し、さまざまな情報を収集したり、助言を受けるという事は決して損にはなりません。多くの人が目指している、保健所や保健センターで勤務する「行政保健師」は、その求人自体がそれほど多くはありません。

ですので、多くの応募者の中から選ばれるためには、それなりのコツやポイントがあると言えます。独自の転職活動でも採用される事は可能かもしれませんが、行政には独特の採用方式があり、なかなか合格しないという事も珍しくありません。ですから転職や就職のプロの手ほどきを受けて、有利な形で就職や転職を成功させたいものです。


⇒⇒ TOPページで保健師の求人に強い転職エージェントをCheck!!



▲ページの上へ
Copyright (C) 2011-2017 保健師求人ランキング <保健師の総合求人情報サイト> All Rights Reserved.