保健師の面接

面接について

保健師としての就職および転職の際には、必ず面接試験が行われています。もちろん保健師だけでなく、他の職種であっても採用試験の際には面接が行われるのが一般的となっています。

保健師としてこれから活躍していこうとする学生や看護師、ますます腕に磨きをかけて転職したいと考えている保健師、さまざまだと思います。このような保健師を目指している人たちに対する面接試験で聞かれる事は、学生や、看護師から保健師になろうとしている人なら「これからどのような保健師になりたいか」「これまで勉強してきた事をどう生かしたいか」「なぜ保健師になろうと考えたのか」などが聞かれるようです。また、保健師としての経験があり、転職という形を取る人に対しては「コレまでの経験をどう生かせるか」「今後、どういった仕事で活躍していきたいか・できるか」などが聞かれる事が多いようです。他にも、転職しようと考えた理由などを聞かれる事もあるようですので、しっかりとした対策を立てておく必要がありそうです。

こうした面接に対する対策は、転職や就職のプロである転職支援サービスのコンサルタントに相談し、アドバイスを受けるというのが一般的とされています。保健師の面接試験と言っても、その種類や自身の立場によっては対策にも違いがありますし、一般論だけでは対策としては不十分と言えるからなのです。実際に面接試験を受けるその人の立場で、その人の状況をきちんと把握した上でアドバイスをしてこそ、本当の面接対策となりうるのです。

ですから、インターネットなどで面接対策を検索して、それを真似た対策を取るのも悪くはありませんが、本当にしっかりとした面接対策をと思うのならば、転職支援サービスを尋ねるのが良いと言えます。とは言え、面接で聞かれる事と言うのは、たいてい自身の中にあるものなのです。「どうして〜〜したいのか」「どのように〜〜したいのか」といったような内容ばかりになりますので、自分自身をしっかりと見つめ直し、自分の中にある考えや意思といったものを、しっかりと相手に伝えられるように準備しておけば良いとも言えそうです。

変に飾り立て、事前に作り上げた文章を暗記していくといった方法よりも、自然な返答のできる姿勢や準備が、本当は大切なのかもしれません。暗記した文章を上手に読み伝える事よりも、緊張しながらも自分はこういう人間だという事を素直に伝えられる姿勢のほうが、好印象を与える事も、実は多かったりするのです。

⇒⇒ TOPページで保健師の求人に強い転職エージェントをCheck!!



▲ページの上へ
Copyright (C) 2011-2017 保健師求人ランキング <保健師の総合求人情報サイト> All Rights Reserved.