保健師 志望動機

志望動機について

保健師として就職や転職をする際に、避けては通れないものとして面接試験が存在しています。面接試験は、一般には履歴書を見ながらそれに沿った質問等がなされていくといったものが多いようです。保健師の面接試験でも、当然そういった形式が取られる事が多くなります。

その際に、面接担当者から必ず聞かれるのが、志望動機についてです。新卒や、看護師から保健師への転職であれば「どうして保健師を目指したのか」などが聞かれ、すでに保健師として活躍している人の転職であれば「どうして転職するのか」などが聞かれる事になります。ここで、さまざまな情報によると、事前にその企業の事を調べておいて、それに興味を持った・・・などとする返答をするのが良いというものもあるようです。しかし、現実にはそういった返答をしたところで思うような結果に結びつかない事が多いのです。

面接担当者は、非常に多くの人を見てきています。ですから、即席の作られた返答は「聞き飽きている」状態である事が多いのです。面接担当者の聞きたいのは、「その人の考え」なのであり、「その人の本質」を見たいのです。まだ入社もしていないのに、その企業の事などわかるはずもありません。超有名企業でもない限り、もしかすると、その存在すら初めて知ったかもしれないのです。歯の浮くような上手な文章を読み上げるような志望動機を話すよりも、素直に一生懸命頑張りたいという気持ちを伝える事が採用に繋がると言えるようです。

もちろん、以前に関わった事があるなら、それを志望動機にするのも良い方法と言えます。例えば採用試験を受けるのが病院などであった場合、その時の経験を元に、自分もこの病院の職員として地域の人に関わりたいなど、さまざまな志望動機が考えられるでしょう。嘘などを言わず、あまりにも不自然な志望動機にならない限り、志望動機が理由で不採用になる事はないと言えます。

ですから、綺麗な言葉を並べて素晴らしい文章を作り上げるのではなく、本来の自分のままで、上手にコミュニケーションをとりながらその中で志望動機を伝えていけば良いと言えそうです。それでもやはり不安はつきものですので、転職支援サービスなどに相談し、志望動機についての提案を受けると良いでしょう。また、面接試験のリハーサルなどをしてもらえば、緊張感も少しは和らぐかもしれません。転職や就職のプロである転職支援サービスなら、きっと採用される志望動機の話し方もよく知っているはずです。

⇒⇒ TOPページで保健師の求人に強い転職エージェントをCheck!!



▲ページの上へ
Copyright (C) 2011-2017 保健師求人ランキング <保健師の総合求人情報サイト> All Rights Reserved.