保健師<シフト勤務>

保健師<シフト勤務>

保健師の仕事には、行政保健師、産業保健師、学校保健師、そしてその他の保健師と、さまざまな種類が存在しています。これら保健師の中で、シフト勤務が主となっているのは、行政保健師とその他の保健師であると言えます。行政保健師は、公務員となりますので行っている業務は「公務」となります。

しかし、行政保健師の勤務先は、必ずしも保健センターだけではありません。行政が運営している福祉施設などに勤務している保健師の場合には、シフト勤務が発生します。また、公立病院などに勤務している保健師も、シフト勤務が発生します。ですから、行政保健師であっても、その勤務先が病院や福祉施設になっていた場合、シフト勤務になる可能性があるのです。

次に、その他の保健師は、たいていが病院勤務および福祉施設勤務、健診センターなどとなっています。ですが、健診センターの場合には、土日が休みになっていますのでシフト制にはなりません。シフト制になるのは、やはり病院勤務および福祉施設勤務の保健師と言う事になります。そして、これらシフト制という働き方の保健師の募集は、多くの場合、転職支援サービスで行われています。

転職支援サービスでは、保健師の求人情報も取り扱っていますので、一般求人サイトで見つからなくても、転職支援サービスに相談すれば見つかる可能性が高いと言えます。ですが、同じシフト勤務の保健師であっても、行政保健師の場合には、自治体のホームページや広報誌などからの応募となり、転職支援サービスを利用して応募する事はできません。シフト勤務となっている保健師でも、その仕事の内容は特段変わるような事はないと言います。保健師としての知識と技術、経験などを生かして、保健指導や健康管理、健康増進のために活躍する事になります。また、収入的には時給にして2000円前後、月給にして250000円程度から350000円程度となっています。このように、保健師の仕事はシフト勤務であっても土日が休みであっても、非常に待遇が良い事が多く、中には「シフト勤務だが日祝は休み」というようなところもあるようでした。

シフト勤務であっても日祝が休みであった場合、周囲の人たちとのズレやすれ違いも少ないため、あまり敬遠されずに済む可能性もあるようです。このような、シフト勤務を希望している保健師は、転職支援サービスを利用して、最適な職場を見つけてもらいましょう。今は高齢化社会となっており、福祉施設などの勤務は非常に多く募集が出ているはずですので、希望通りの職場が見つかる可能性が非常に高いようです。

⇒⇒ TOPページで保健師の求人に強い転職エージェントをCheck!!



▲ページの上へ
Copyright (C) 2011-2017 保健師求人ランキング <保健師の総合求人情報サイト> All Rights Reserved.