保健師 就職

保健師の就職について

保健師の就職活動は、どういった種類の保健師を目指しているかによっても、現在の立場によっても異なってきます。例えば、現在は就職を控えた学生であった場合、大学の教授や就職に強い先生に保健師募集についての情報をもらうという方法が最も効率的と言えます。また、現在は看護師をしているが、保健師として転職したいと考えている人や、すでに保健師として勤務しているけれど転職を考えているといった人には、転職支援サービスの利用が最適と言えます。

こうする事で、産業保健師や学校保健師といった種類の保健師としての就職は可能になると言えます。しかしいずれの場合にも、行政保健師を目指しているとなると、各自治体の実施する公務員採用試験を受験しなければなりませんので、直接自治体へ問い合わせをするなどして情報を集める必要が出てきます。行政保健師の場合には、公務員試験を受ける事になりますので、非常に狭き門をくぐらなくてはならなくなります。ですから、たいていの人たちは、かなりの余裕を持ち、随分前から公務員試験対策を行っていると言います。

具体的には過去問題集などによって、出題傾向をつかむなど、念入りな対策が必要となってきます。また、公務員試験の特徴として、その自治体に関する問題が必ず出題されています。例えば、その時点でその自治体が力を入れている政策や環境問題などに対する取り組み方針など、その自治体独自の問題となっています。こうした問題に対応するためには、広報誌などを最低でも1年分程度集めておき、隅々まで目を通すといった習慣をつける必要があります。つまり、1年程度の期間を公務員試験対策として準備しなければならないほど、難関であるという事なのです。

また、産業保健師や学校保健師など民間企業等での勤務となる保健師の場合には、職場ごとに採用に関する基準は異なっていますので、転職支援サービスなど、転職や就職のプロの持っている情報を入手するのが最も効率的であり、的を射ているのです。このように、保健師の就職活動には、さまざまな特徴があり、行政保健師なら公務員試験を突破する事で、各自治体の保健所や保健センターなどに就職する事ができ、また、産業保健師や学校保健師ならば、そうした専門家のアドバイスを受ける事によって大手企業や有名大学など、希望する企業や学校で勤務する事ができるようになるのです。もちろんこれ以外にも、老人ホームや福祉施設での勤務もありますので、まずは転職支援サービスで情報収集を行ってみる事にしましょう。

⇒⇒ TOPページで保健師の求人に強い転職エージェントをCheck!!



▲ページの上へ
Copyright (C) 2011-2017 保健師求人ランキング <保健師の総合求人情報サイト> All Rights Reserved.