保健師<短期バイト>

保健師<短期バイト>

保健師の働き方の一つに、短期アルバイトといったものがあります。短期アルバイトとは、一般的には1日から3ヶ月未満など、非常に短い期間の事を指して言うのですが、中には半年程度といったものもあるようです。保健師の短期アルバイトは、今、非常に多く募集が行われています。

保健師の短期アルバイトで多いのが、巡回健診などの業務やイベント救護室、修学旅行などの付き添いとなっているようです。また、病院や福祉施設における短期アルバイトも、募集が行われているようです。そして、もっとも注目されているのが、行政保健師の短期アルバイトです。行政保健師の短期アルバイトは、たいていが産休や病休などの代替であり、その期間も3ヶ月程度から半年程度までとなっている事が多いようです。

こうした行政保健師の短期アルバイトの募集情報は、各自治体のホームページや自治体発行の広報誌などで確認する事ができます。さらに、情報入手においてはプロである転職支援サービスなどでも、こうした情報に関しては入手する事ができるようです。このような、短期アルバイトの場合の収入は、行政保健師の場合は各自治体の基準に沿ったものとなりますが、たいてい日給にして10000円程度から15000円程度になっている事が多いようです。

そして、病院勤務や福祉施設勤務の短期アルバイトの場合には、やはり15000円程度から、夜勤などによっては30000円程度と、非常に高額である事が多いようです。いずれの場合にも、転職支援サービスを利用して情報の早期収集を行う事で、準備を万全にする事ができますので、他の応募者より優位に立てる可能性もあるのです。特に行政保健師の短期アルバイトともなると、応募者が殺到する可能性がありますので、とにかく早めの情報収集、これを心がける必要があるのです。

自力で情報収集を行うのも良いのですが、行政保健師などの場合は、いつ、どこでその募集が発生するか予測もできませんので、転職支援サービスなどのプロに任せたほうが無難と言えます。短期アルバイトとは言え、行政保健師の仕事が実際に体験できるのですから、これから保健師として活躍して行こうとしている人や、保健師として転職したいと考えている人には、またとないチャンスとも言えそうです。短期アルバイトだからと軽視する事なく、しっかりとした下準備と情報収集を行い、短期アルバイトであっても保健師として誇りを持って活躍できるよう、心がけてください。

⇒⇒ TOPページで保健師の求人に強い転職エージェントをCheck!!



▲ページの上へ
Copyright (C) 2011-2017 保健師求人ランキング <保健師の総合求人情報サイト> All Rights Reserved.